いしころ。

f0050923_14455089.jpgちっぽけな石ころにつまずかぬよう


下を見て歩いていた



だけど 石ころにつまずいて転がって
手をついた横には小さな花


空を見ればあまりにも青い空


そんなものにも気づかずに


下ばかり見て歩いていた



f0050923_14461513.jpg

青く広がる空見上げ


雲の上に行きたいと


上を向いて歩いていた


夢や希望をみつめていた



小さな石を見失って


またつまずいた


小さな花が咲いていた


踏みにじって歩いていた




移りゆく季節の中で


変わっていくもの変わらないもの


変わっていくものにとまどい


変わらないものに飽き飽きしていたんだ




明日を憂いたって


昨日を嘆いたって



現在を生きるしかないんだ



どんな大きな波も どんな高い山も


気が付けば後ろにあるんだ




きっとそんなもんなんだ

[PR]
by tep-pei | 2006-05-11 14:50 | コトノハ。
<< 夜明け。 エール。 >>